ポケモンカードの大会の持ち物まとめ!あると便利なものも紹介!

こんにちは、DAGAYAです♪
7月10日にVスタートデッキが発売されますね!
2年前に発売されたGXスタートデッキと同じ500円(税抜)なので、爆発的に売れそうです。
ポケカを始めるきっかけになる商品ということで、今回の記事ではポケカの大会で必要な持ち物をご紹介したいと思います。

絶対に必要なもの、あれば便利なもの、大会参加前に知っておくとよいことが分かるので、最後まで読んでいただけたらうれしいです。

ポケカの大会で必要なものはどこでも同じ

ポケカの大会と言っても、実際には細かく分けることができます。
まずは、ポケモンカードゲーム公式大会と、非公式大会の二つに分けることができます。
そしてさらに・・・、と仕分けていきたいところですが、今回は持ち物についてのお話なので割愛しますw

ぶっちゃけ公式、非公式でも必要な持ち物は同じです。
それでは絶対に忘れてはいけないものをご紹介します。

ポケカの大会で絶対に必要なもの

60枚の構築済デッキ

公式大会の「はじめてバトル」ではデッキを貸してくれますが、それ以外ではご自身のデッキを使います。
「ちゃんと60枚入っているか?」
「基本エネルギー以外のカードは4枚以下か?」
「レギュレーション内のカードだけか?」を確認しましょう。

ダメカン

お店では貸してくれないので、紙製でもプラスチック製でも構いませんので用意しましょう。

どく、やけどマーカー、コイン、GXマーカー

これらもダメカン同様です。ちゃんと用意しておきましょう。
GXマーカーは、ポケモンGXがいなければ必要ありませんが、相手にポケモンGXがいないデッキだとバレてしまうので入れておくほうがいいですねw

マスク

新型コロナウィルスの感染対策として必ず装着しましょう。
2020年6月現在では、大会参加にはマスク必須になっている店舗さんがほとんどです。

続いてご紹介するのは、絶対じゃないけどあると便利なものです。

ポケカの大会であると良いもの

スリーブ

ポケカ公式ではデッキシールドと呼ばれています。
カードをキズや折れ、汚れなどから守ってくれるアイテムです。
ポケモンカードはシャッフルする頻度が多いので、キズから守るだけではなく、スリーブを装着しているほうがシャッフルがしやすいのでおすすめです。

デッキケース

デッキを収納するケースです。
スリーブに入れた状態でも100枚くらい入るので、デッキ変更用の予備カードも楽々入ります。

プレイマット

お店によっては机にセットしてある場合もありますが、基本的にはないです。
プレイマットがなくても試合は行えますが、机に直接カードを置くと結構キズが付きます。
プレイマットを使うとカードが手に取りやすくなりますよ♪

ボールペン

ボールペンは用紙に対戦成績を記入するときに使います。
非公式大会ではあまり必要ありませんが、あった方がベターです。

お金

お金は大会の参加費として必要な場合があります。
金額は開催場所によって異なるので、参加前に必ず調べておきましょう。

予備のデッキ

本命のデッキが使えなくなったときなどに備えて、もう一つデッキを用意しておきましょう。

ポケカの大会参加前に知っておくと良いこと

めっちゃ緊張する

これはあくまでも体験談ですが、とにかく緊張して手が震えてましたw
勝敗がどうとかではなく、ルール通りにちゃんとやれるのか不安で^^;
非公式大会だとワイワイ楽しく感が強いので、初めて大会に出るときはおすすめです。

あまりカードを持って行かない

必要になるかも・・と思ってストレージボックスを何箱も持っていく必要はありません。
先ほど必要なもので紹介したアイテムだけでも荷物になります。

参加人数には定員がある

大会の参加人数には定員があります。
事前に参加枠と締め切り時間を調べておきましょう。

あとがき

今回はポケカの大会で必要なものをご紹介させていただきました。
最後に大会当日には開催店舗さん、対戦相手へのマナーを忘れないようにしましょうね♪

最後までお読みいただきありがとうございました!