ルール

【ポケカルール】先攻よりも後攻が有利な理由とは?

[voice icon="https://www.cartoonpicturess.com/wp-content/uploads/2020/07/dagayayome-1-e1594016338550.png" name="DAGAYA嫁" type="l"]こんにちは!DAGAYA嫁です☆[/voice]

ポケモンカードのおおまかなルールは、前回の記事で解説しました!

ですがポケモンカードゲームでは、細かいルールも少なからず存在し、それらもすべて知っておくことが必要になってきます。

今回は、バトル開始時に決める「先攻と後攻の違い」について学びましょう☆

■ 7月15日発売予定の最新弾 ■

最安値&カードリスト

\ ポケセンオンラインAmazon店はこちら /

Amazonのポケセンオンラインのバナー画像
Amazonポケモンセンター公式ページ

ポケモンカードゲームでは『後攻が有利』ってホント??

ポケモンカードゲームでは、バトルを開始する前にじゃんけんをして勝ったプレイヤーが「先攻か後攻か」を決めます。

一見してみれば、先に行動できる「先攻プレイヤー」の方が有利のように思えなくもないですが…

2022年現在のポケモンカードのルールでは、「後攻の方が有利」と言われています。

理由は、先攻プレイヤーの1ターン目には、できることに制限がかかっているからです。

詳しく説明していきます。

先攻の1ターン目にできないこと

先攻になった人は、最初の1ターン目にできることに制限があります

先攻の1ターン目にできないことをリストに書き出してみました。

[box class="blue_box"]

  • ワザを使うことができない。
  • トレーナーズカードのサポートを使うことができない。

[/box]

後攻プレイヤーに比べて、できないことはたった2つ。

これだけでは「後攻が有利」とは言い難いです。

先攻プレイヤーは1ターン目でエネルギーカードが足りていたとしてもワザを使うことができません。

そのため、先にダメージを与えることができなくなります。

お互いHP60のポケモンが場にいたとして、お互い20ダメージのワザを交互に使うとすると、3ターン目で後攻プレイヤーが先にポケモンを気絶させることになります。

先攻プレイヤーは「先にワザを使えない」という点だけでポケモンを1体倒されてしまうことになるわけです。

サポートカードを使えないという点についても、やはり不利だと感じます。

ポケモンカードでは、山札や手札を効率よく回して、良いカードをいかに早く手に入れるかという点がかなり重要になってきます。

© 2020 Pokémon. © 1995-2020 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
© 2020 Pokémon. © 1995-2020 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

手札を使えるだけ使ってサポート「シロナ」や「博士の研究」を使用し、手札を補充するというパターンがよく使われるのですが、先攻の1ターン目ではこれができません。

先攻プレイヤーが1ターン目で山札からカードを引くためには、グッズカードやポケモンの特性をうまく利用するしか手立てがないわけです。

先攻・後攻それぞれのメリットを解説

ここで、先攻と後攻のそれぞれのメリットデメリットをまとめてみました。

どちらが良いかはとらえ方やデッキの組み方次第なのかもしれません。

先攻のメリットとデメリット

ワザとサポートが使えないのはかなり痛いポイントなのですが、先攻プレイヤーが有利な点もあります。

ワザとサポートが使えない以外は、すべて後攻プレイヤーより先手を打つことが可能です。

「先に進化できる」「先にエネルギーをつけることができる」点は、大きなメリットといえるでしょう。

ほかにもグッズやポケモンの特性なら使用することができるので、カードの使い方次第では有利になることも十分可能です。

メリット

  • 先に進化できる
  • 先にエネルギーをつけることができる
  • 先にグッズカードが使える
  • 先にポケモンの特性が使える

デメリット

  • 先にワザを使えない。
  • 先にサポートを使えない。
スポンサードリンク

後攻のメリットとデメリット

では現時点で「有利」といわれる後攻プレイヤーのメリットデメリットは何でしょうか?

やはり先にダメージを与えられるのが大きいですね。

後攻はなにも制限がないので、初回からサポートを使って山札からカードを引いたり、手札を入れ替えたりすることが可能です。

カードの引きが良ければ、1ターン目で相手のポケモンをきぜつさせることも難しくありません。

そのため、後攻プレイヤーの方がバトルの流れを掴みやすいでしょう。

後攻のメリットが活かせないカードの引き(サポートやエネルギーがない)だった場合は、先攻プレイヤーが有利なゲーム展開になっていきます。

メリット

  • 先にダメージを与えられる
  • 初回からサポートで手札を素早く回すことができる
  • 初回からサポートで相手の邪魔をすることができる

デメリット

  • ワザとサポート以外はすべて後手になる。

先攻の時に活躍するカード

先攻プレイヤーは1ターン目にワザとサポートが使えないですが、グッズとポケモンの特性は使用することができます。

先攻になったとしても、1ターン目から手札を充実させることができるカードをデッキに組み入れておけば、安心ですよ!

先攻の時に活躍するカードをいくつかピックアップしてみました!

グッズ

クイックボール(ボール系全般)

クイックボール
ポケモンカード公式

クイックボールをはじめとしたボール系グッズカードは、先攻になったとしても、山札から必要なポケモンを持ってくることができます。

手札にゲットしたら、できれば同じターンで場に出せるといいですね。

すりかえカップ

すりかえカップ
ポケモンカード公式

手札と山札の1番上を交換できる「すりかえカップ」。

サポートカードが使えない先攻の1ターン目でも、山札を1枚引くことができます。

れいかいのお面

ポケモンカード公式

始めに引く7枚でこのカードを引いてポケモンにつければ、後攻で攻撃されたとしても相手の手札を1枚トラッシュできます。

少し妨害できますね。

同じように、「いかついメット」(攻撃を受けたら相手エネを手札に戻す)、「ゴツゴツメット」(攻撃を受けたら相手にもダメカン×2)なども良いと思います。

先攻に役立つポケモン

クロバットV

ポケモンカード公式

サポートカードが使えない先攻でも、クロバットVの特性「ナイトアセット」を使えば、手札を6枚にすることができます。

最初に引けるとありがたいカードです。

ニンフィアV

ポケモンカード公式

ニンフィアVの特性「ドリームギフト」で山札からグッズを持ってくることが可能。

サポートカードが使えない先攻でも、必要なカードを持ってこれるのでありがたいですね。

ザマゼンタV

ポケモンカード公式

ザマゼンタVの特性「おうじゃのかまえ」を使えば、最初の手札で事故った場合に大活躍。

総入れ替えができるので、流れを変えることができますね。

【あとがき】

今回は、「先攻か後攻か」どちらが有利なのか詳しく調べて解説してみました。

[voice icon="https://www.cartoonpicturess.com/wp-content/uploads/2020/07/dagayayome-1-e1594016338550.png" name="DAGAYA嫁" type="l"]なんとなく後攻がいいと思ってたけど、そこまで大差ないのかも…?[/voice]

先攻か後攻かを決めるのは、はじめの手札7枚を引く前なので、作戦を立てるわけにもいかず・・・。

メリットデメリットを見比べて、自分の好みで選ぶのがいいのかな~と思います。

サポートカードによっては、バトル開始後の先攻でしか使用できないカードもあったりします。

じゃんけんで勝ったらどちらを選ぶか、あらかじめ考えておくとよいでしょう!

■ 7月15日発売予定の最新弾 ■

最安値&カードリスト


最新弾の情報はコチラ

4月8日発売
▶ 拡張パック「タイムゲイザー」通販 最安値情報
▶ 拡張パック「スペースジャグラー」通販 最安値情報

5月13日発売
▶ 強化拡張パック「ダークファンタズマ」通販 最安値情報

6月17日発売
▶ 強化拡張パック「Pokemon GO」通販予約 最安値情報

7月15日発売予定
▶ 拡張パック「ロストアビス」通販予約 最安値情報
▶ ハイクラスデッキ「VSTAR&VMAX ゼラオラ」通販予約 最安値情報
▶ ハイクラスデッキ「VSTAR&VMAX デオキシス」通販予約 最安値情報

8月5日発売予定
▶ VSTARスペシャルセット

9月2日発売予定
▶ 拡張パック「白熱のアルカナ」

10月21日発売予定
▶ 拡張パック「パラダイムトリガー」

-ルール